太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2010/4/28
沢山の困った輩たち・・・・

 うちのケアマネからの話では、ある独居老人のお宅に押し売りが押しかけたらしい。対応にとても苦慮されたそうで、その時にヘルパーさんが入っていたのが唯一の救いのようである。身体的にも健常者よりも弱い立場の高齢者宅、それも独居ということを分かっての押し売り。これは、完全な犯罪ですよ!食うに困って押し売りをするのか、やくざの上納金を稼ぐためなのか?その辺は分からないが、社会的弱者を狙う卑劣な手口。血も涙もない行為に、人間性の欠片も見えない困った人が居るものです。

 同時に、また、私のインターネットメールに賞金200万円の当選のお知らせが届いた。一ヶ月前に一度同様のメールが届き迷惑メールに勝手にはまっていましたが、今回も迷惑メールに整理されていました。どこで個人情報が流出したのか?は不明ですが、そんな危ないサイトなどをネットサーフィンはしないほうなので、恐らくネット上で買い物をしたりするサイトから個人情報が流出しているのではないかと素人判断している。いずれにせよ、この手のイカサマ手口は、一度でもスケベ根性をだして懸賞金サイトをクリックしようものなら、それだけでお金を請求されるらしいので、決してそのようなサイトへの訪問は行わないほうが懸命である。

 人生、そう容易くお金が儲かるわけが無いのに、結構、この手の詐欺は多い。宝くじを買い続けても最高額1万円しか当たらないのに、一ヶ月の間に。何も申し込みもしていない団体から200万円の懸賞が当選するはずが無い。よくよく考えれば不思議な話と分かる。この手の詐欺を行うにあたっても、インターネットに詳しく、文章もかける頭脳の持ち主が関わっているはずで、頭脳明晰にして詐欺しか出来ないのは、ちとお粗末でもったいない。その頭脳を生かして地道に働けば、額面は少ないかもしれないが社会に隠れて生活する必要も無いのに・・・・(って、ネット上だから、詐欺を働く一面を持ちながら、片方で昼間はお堅いサラリーマンづとめかもしれないが・・・・)

 世の中、本当にいろいろな困った人が多いことに今更ながら驚いてしまう。

2010/4/28
今月のカキコ、30回目 達成!!

 ブログの更新の記録を目指してるわけではなく、また僕がどれほど暇な仕事をしているかを公表してるわけでもなく。単に書き込みが30回となった事実だけをお祝いしたいと秘かな自分自身に対するチャレンジとして、この記録を歓迎したい。ブログの更新には、本当に色々な点で時間を割く必要がある。物事に感性豊かに接する事も、話題性の関連で非常に重要であり、それらの想いをまとめ上げるのは、其れなりの構成する時間を必要とする。もちろん、僕の場合は、常に言ってるとおり、文章の構成もへったくれもなく、ただ単に単純な思考回路の思いつくまま文章化しているだけで、言うほどの時間は必要としない。とは言うものの、少なからずは一人で考え込み、気持ちを高めてからでないと文章が途中で空中分解してしまうこととなる。

 実際、今までに書きかけてボツになった原稿の数を言えば、これまでに書き溜めたブログの数の数倍の原稿を書いていることからも想像してもらえると思う。タイトルだけ考えて、そこから文章を発展させる方法もあるが、この場合は、文章自体が無理やりに並べられたように、とてもじゃアないけど意味プーの文章が出来上がってしまう。

 太陽の家の施設内研修の資料を作成するのも同じ過程を進めていく。この場合、一応は研修資料であり、僕の趣味のために職員さんの貴重な時間を無駄には出来ないので、ブログ以上に真剣になるのは当然である。まず、起承転結を目指し、イントロダクションから入り、課題を提示、それについて解決策案を提示しながら職員と共に考えて結論に結び付ける。その途中で、学習意欲を削がないようにアイスブレイク的緊張緩和の笑いを交えながら、研修資料を構成する。最後にまとめとしてポイントを抽出出来れば最高の研修である。

 しかし、物事は想いのようにスムーズには進まないのが現実の世界。言うほど簡単ではないのである。それは、話の中心軸が突然いろいろな諸事情によって(?)消えてしまうことである。例えば、説明をしてる(ブログを書いている最中)に、突然、頭の中に別の疑問がわきあがることである。職員のストレスについて研修を行っている中で、すこし突っ込んだ質疑応答を加えた結果、それ以降の研修内容に変更を余儀なくされる場面がそれだ。

 それだけ、自分自身の研修内容の詰めが甘いと言う事なんだが、これは、そろそろ自分なりに克服していかなければいけない課題である。ブログにしても同様の問題点が見受けられる。書いているうちに視点がずれる。これは、あってはならない事象なのである。また、最適な言葉を探しているうちに。ボキャ貧の頭は論点を見失ってしまう。そんな事では管理者として恥ずかしいと思う。

2010/4/27
この書きこで今月29になり、記録達成!

  別にブログの数を競っているわけではないが、何だか意地になっているような所もあり、先月一ヶ月でブログの更新が27回、今月は今日のこのブログ更新で29回。風邪をひきつつ2日間カキコしなかった割には更新回数が多いことは皆さんに自慢できることかしら???!!!まぁ、書いているだけではなく、アクセス数が増えつつあることも嬉しい限りである。

 いつぞやのブログでも書き加えたが、ブログの更新が定期的に行われるとその分、アクセス数も正比例して増加する。この29回目のカキコは短い文章ではあるが、このブログを読んでくれる人々に感謝の気持ちを伝えたいと思っている。また、これからは尚のこと読んでいて楽しい文章を公開してゆきたいと考えています。読んで活力が生まれるようなブログって格好いいではありませんか!?!?!

2010/4/27
風やら雨やら、変な天気です。

 春の嵐とは、昔からよく言われたものですが、ここのところ雨の日と晴れの日が交互にやってくる気象が何時もとは少し違ったイメージが感じられる。今日の雨と風も強烈な勢いでデイサービスのお迎え車両の担当者中瀬の状況だった。夕方のニュースでは風速14メートルとちょっとした台風程度の強い風だった。外回りのケアマネジャーなど傘の骨を折って帰ってくる大惨事!(よく見ると、傘の柄の部分に太陽の家備品と書いてあるではないか・・・・うんにゃ!うちの備品を壊しおって!」と、怒りはしなかったけど、それくらい強い風に引っ掻き回されたような一日だった。このような風雨の時は、ズボンの裾がぬれるのと、足元が滑りやすくなるので困る。歳とともに足元がおぼつかなく、ちょっとした濡れた路面で足元がすべる。まだ、そのことから転倒までは至らないが、あと数年もすればこのブログにも「転倒」の文字が散見できるようになるのかしらん?

 昨日までの風邪も、今日はずいぶんと楽にはなったものの、まだ咳が沢山出る。施設では他者にうつさない様にマスクはしているが、来客のときに困る。今日も、取引先の銀行のお偉方の訪問を受けたが、マスクをつけたままでお会いすると、どうもいけない。指名手配犯のような感じであり、職務質問を受けている犯罪者の気分となってしまう。何も悪いことはしてないのに・・・形相も悪くなる。まあ、相手は血色もよく健康そうだから、僕の風邪菌をひらっても発症はしないだろう!と高を括ってマスクを取り外した。あと数日後に咳が止まらなくなったら、太陽の家で罹患したと思ってくださいませ!と先にお詫びだけは申しておこう!

 今日は、そんな雨風に邪魔されて外出する気分にもならず、大半を事務所で過ごした。こんな日のデイサービスの送迎車両は運転手と職員の二人体制で行うこととなっている。特に車椅子利用者にとって雨と風は大変厄介なものだからだ。傘をさしながら車椅子を介助するにも風が強すぎることが危険リスクを大きく増幅させることと成るからだ。利用者の体を濡らしたくは無い、かと言って傘に全身系を集中させると車椅子の介助がままならず、本当に介助員泣かせの天候である。それでは、雨合羽・・・・・?これも、非常に使い勝手が悪く、車椅子用の雨合羽は高額の割には使い勝手の悪い物なのである。雨の日の車椅子用雨具を開発すれば儲かるかもしれない・・・・。

 さて、少し前に田植えの時期が遅くない?と思っていたが、最近、すでに田植えも終了して、今日の雨で増水した田んぼでは水面下に没した稲の苗を見ることが出来る。今年は日照不足で野菜がとれない。育たない野菜のお陰でスーパーでの販売価格が値上がりしてる。ガソリンも値上がりしている。この調子でお米も不作につながると、本当に日本の食事情も急激な悪化が懸念される。なんとか、例年の季節らしい天候に変わってもらえないと、全ての機能が腐りそうで心配だ! 

 明日は、つかの間の晴れ間が見れるらしい。そして明日の夕方には再び雨の予報が出されている。洗濯物が乾かない。露のシーズンのような毎日に神様にお祈りしたくなるような天候である。

 どうか、少なくても送迎中の雨と風だけは堪忍してください。・・・・切実な願いです。(天の神に向かって跪き、両手を合わせて祈りたくなる気分です・・・・と言いつつも、僕は仏教徒でキリスト教徒ではなかったんだ!)

2010/4/27
風邪をひいて二日間寝込みました。

 我ながら不覚の事態であった。何の無理が祟ったのか風邪をひいてしまい日曜・月曜の二日間寝込んでしまった。先週から喉に違和感を感じてはいたものの、そのまま放置していたのが原因か?それとも昨今の寒暖の差の激しい気象状況から風邪をひいたのかは分からないが、とにかく熱と咳がひどく。とうとう仕事を休むこととなった。僕としては、めったに風邪をこじらすことも少なく、職員が風邪をひいて休むと「事故管理の欠如」と言い放っていた報いなのか・・・・?!日曜の朝、あれほど天気も良くうららかな機構の一日をベッドで過ごしてしまったことは、非常に残念なことであった。

  それと、二日間の休養の後に職場に顔を出すと、色々な人から(取引先の事業所の方を含め)風邪をひかれて大丈夫ですか?と一見温かな言葉のようではあるが、実際は、先ほどに私が職員に常に言い放っているような言葉が潜んでいるようにおもえるのですが・・・これは、気まずさからくる自責の気持ちなんだろうか・・・・?

 とにかく、だらしない事です。反省をしてる。ある人に言わせると毎食後に歯を磨かない時に、口腔内の雑菌が体内に入ることから風邪をひくと言う事も言われている。毎食後に歯磨き。高齢者の誤嚥性肺炎みたいなもので、口腔衛生は重要だと言う教訓になった。


2018年 11月
     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930    
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する