太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2010/11/30
ちょっとやれば出来るじゃん!!

dsc02696.JPGdsc02697.JPG整理整頓が出来ないのではなく、下手糞なんです。其の証拠が、この写真です。

2010/11/30
この散らかり具合は・・・どうよ??

dsc02695.JPGdsc02694.JPG

デスクの上の散らかり様を観てもらえれば自ずと部屋の中の様子も想像できるかと思いますが、これが男の部屋の実態です。

パソコンのキーボードを中心に、名札、時計、ペンなどの筆記用具、香水、I-Pod用のケーブルやマスクなどなど・・・・いやあ~整理されていませんね!なんぼ男の部屋と言っても、もう少し何とかならんものでしょうか・・・・?結局、全ての小物、本当に何のたわいも無い小物の一つにも、それなりに残すだけの理由が僕にはあって、其の捨てられない理由によってこの机の上に積み重ねられているのです。言ってみれば、僕なりの捨てれない理論が存在するのです。

立派な経営者は、捨てるものを見極める天性といわれる技を持っているそうである。僕は本当に捨てることが苦手で、やたら溜め込んでしまう。この調子でお金もためることが出来ればよいが、お金はパッパラパーと使い放題。ぜんぜん貯まらない。いったいどうなってるの・・・?と嘆くばかり。

こうやって世間に恥ずかしい一面を公開することで、密かにこのずぼらな自分自身の性格の是正を目論んでいるが、さてどうなることやら・・・・?また、このブログを書いた後にデスクの上が整理されたら写真を掲載することとしよう・・・・

2010/11/27
Thanks Given Holiday!

dsc00967.JPG

 My God! It’ll be the end of this year soon!  Time sure flies quick as an arrow!

 日本から遠くはなれたアメリカでは、今週末は感謝祭の休日となって、七面鳥のローストとアップルソースの感謝祭ディナーが各家庭で準備されるのです。アメリカにおける感謝祭とクリスマスは年間行事の中でも非常に重要なホリデーであり、この時期にアメリカを旅行するのは、色々な意味で観光客にとって避けたい時期かもしれませんね。

ともあれ、感謝祭で七面鳥のローストを食べて、数週間後には再びクリスマスディナーに七面鳥のローストを食べることとなるので、この時期は七面鳥にとっては最悪の日々なのかもしれません。贅沢な話ですが、食べる側にしても七面鳥が続くと、多少なりとも「飽き」てくるものです。ローストした当日は温かな鶏肉を皿にとって食べるのですが、次の日には、残ったロースト肉のスライスはサンドイッチの中に入れ、野菜たっぷり入れたスープに使われたり、兎に角、捨てるところの無いまで利用してしまうのです。

こうやって二回、大きな行事を行って、次にニューイヤーズイブ。New Year’s Eveをお祝いするのではなく、新年に変わる瞬間を皆がこぞってお祝いする。そんな新年のお祝いがアメリカ式。日本でも、大晦日の夜の紅白歌合戦を家族で観て、年越しのそばを食べて、近所のお寺の鐘楼で除夜の鐘をつく。・・・やる内容こそ違うものの、皆で新年への新旧交代をお祝いする姿は同じです。ただ、日本のようにそれから以降の三が日、何が何でも酒びたりの日々を過ごす文化と違って、アメリカでは1月の2日から平常通りすべての事柄が始動し始めます。学校も2日から開始。仕事も2日から平常通り。日本人感覚の正月休みってアメリカでは体験できないのです。

 僕自身、アメリカから帰ってからの人生、仕事の関係もあって正月にゆっくりと休むという事なく過ごしてきたので、今更、正月にのんびりとお休みする事は苦手です。でも、ほんの一瞬でも良いから、自分の中の一年の締めくくりだけはつけて新たなる年を迎えたいと思うのです。その為にも、あと残すところ一か月。この間に整理できる部分を整理し、改めるところを改め、新年に向けての準備を整えていく。そんな日々がこの一カ月です。

2010/11/26
尾鷲での研修への参加

dsc02684.JPGdsc02683.JPGdsc02681.JPG

今日は、朝から尾鷲市で認知症に関する研修に参加した。尾鷲に9時半に着くために、家を朝の6時半に出発。朝の6時半といっても、意外に沢山の人たちが会社へ又は家に車を走らせる人の多さに驚いてしまう。まア、それでも、普段よりはスムーズに伊勢自動車道に向けて、津インターまでスムーズに導かれ、そのまま高速道路を一路南に、巡航速度100数十キロで・・・・

 最近の社会実験とかで高速道路が無料となっている区間だけに走行車両も多い。伊勢道から紀勢道へスイッチし、片側一車線で対面通行の高速道路は、道路幅も狭くて走りづらい。僕は特に、路肩の白線を踏んでしまいやすいのか、タイヤが大きな音を立てて、枠を外れている警告音に驚かされてしまう事がたびたびである。真っ直ぐ、道路中央を走っているつもりでも、結構左により過ぎていたりするのだが、この紀勢道だけは道幅が、一般的な高速道路に比べても狭いような気がする。そうこう言っている内に、大内山に近くなって霧が出始めた。最初はモヤ程度が、だんだんと霧が濃くなりあたり一面が濃い霧に包まれるまでになってしまった。久しぶりに霧の中で運転することとなって、多少ワクワク感もあったが、その時の状況をカメラに収めてきたので見てもらいたい。

 しかし、道路幅が狭いだの、霧だ出ただのと色々と文句ばかり言ってるようだが、この紀勢道のお陰で尾鷲までの所要時間がぐんと短くなったことは事実である。今日の僕も朝の8時過ぎには尾鷲の警察前を走っていた。つまり2時間弱で尾鷲に着いてしまうのである。昔に女房連れて尾鷲に旅行に出た頃は、それこそ片道4時間もかけて尾鷲まで旅行したものである。あと2年もすれば紀勢道も尾鷲までのルートが完成する。そうなると尾鷲まで一時間で行ってしまうのか・・・・?!

紀勢道の完成も兎に角、最近、尾鷲にマクドナルドが出来た。今まで一番近くても新宮と松阪にまで足を伸ばさないと手に入らなかったマクドナルドが尾鷲の市街地で購入できることとなったようだ。流石に9時半予定の研修に、現場到着が8時過ぎでは早すぎるので、僕もさっそくマクドナルドの朝マックとコーヒーで時間つぶしを行った。

 ブログを書きながら感じたことではあるが、僕の生活の中に近代文明というか今の時代の超便利モノのオンパレードであり、それらのモノによって僕の生活は快適に便利に保たれている気がする。このモノが無い生活を考えると、今では非常に不便を強く感じることとなるばかりか、自分の生活事態が成り立たなくなりそうである。高速道路、安定して走れる車、24時間、時間制限と場所の制限を受けることなく一定した味と品質の食品を味わうことが出来ている生活。こんな便利な生活がある暮らし。これを恵まれていると表現すべき?

2010/11/24
予防接種、鼻水、禁煙、風邪の因果関係

まったく脈絡もない話題なのですが、まず、新型インフルエンザと季節性インフルエンザの混合ワクチンを接種。同時にワクチン接種した太陽の家の職員さんの大半が接種場所に鈍痛を感じ、その翌日には痒みに変わるなどの訴えを聞きながら、僕にはそのような症状は感じられず。しかし、インフルエンザの予防接種後に咽に痛みを感じ始め、その内に鼻水が止まらず、丸一日はティッシュペーパーの箱を抱えながらの仕事を行い、また、同時に周りの人たちに菌をばらまき散らして公害と言うか、感染症の一番悪いパターンを自らが踏襲するという不始末。また同時に始まった禁煙外来。初回の受診から2週間が経過し、なんとか禁煙は成功に向かいつつある今、タバコも吸っていないのに風邪ひいてどうやの?

まあ、一連の騒動は、以上のような細かな事柄を経て同時に起こった出来事なのです。特に因果関係と言われるものは無く、全てが独立し同時に発生しているだけの事なのですが、これが当事者にとってみれば、意外と関連付けたくなるものなのです。例えば、タバコを辞めたから風邪をひいたとか、禁煙外来の待合室で風邪に罹患したとか・・・・

そんなこんなで、なんとか今でも禁煙は成功しているのですが、あと4週間、禁煙が継続できれば、その時点で禁煙外来は終了するという。そんな現状が今の私の中でフツフツと騒ぎ出しては落ち着き、また騒ぎ出すという。そんな毎日です。

でも一番辛いのは、太陽の家の「風鈴の会」への参加が無くなった点です。唯一と言っていい程、職員さんとの交流の場(なんと、寂しいのでしょう・・・唯一の交流の場とは・・・・!)に参加する事が無くなったことでしょう。いろいろな職員さんの意見やら要望を聞けたのですが、それも今となっては貴重な時間でした。今後、タバコを吸わなくなった僕が、どのような交流の場をセッティング出来るかが課題となりますね!


2018年 11月
     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930    
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する