太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2019/2/28
健康診断

健康診断の結果報告が、次々に事業所に送られてくる。

個人情報だから、この結果の扱いについては配慮が必要ではあるが

敢えてお話すれば、僕を含めて生活習慣病の者が多い。

コレストロールや、中性脂肪、肝機能が危険信号を発している。

一番の原因が食事なんだろうね・・・

フライ物をご飯と共に腹いっぱい食べる。って図が見えてくる。

僕自身、チーズや肉が好き。白米のごはんも大好き。

最近は脂肪を抑えるために、ご飯におかかをかけて、猫マンマで

茶碗に何杯も、美味すぎて食べ過ぎてしまう。

脂肪を抑えているつもりだけど、タンパク質を摂りすぎて

体内で脂肪に変化してしまう 。

若い時には、まだまだ血管も強く弾力があるが

今の歳になると動脈硬化が恐ろしい。

若いから放置しておいても構わないわけではないので

値が悪ければ、早急の内に治療しなければ

歳とってからが大変だ!

美味しい!美味しい!と際限なく食べてしまうことを考え直さないと・・・

と、思っている。(思っているだけではダメだ!と叱られそうだ)

それでね!ここで悪魔のささやきを一つ。

チキンのレモン焼き。って料理がご飯に合うのです。

作り方は、簡単。まず、鶏もも肉を100グラム(僕は200グラム以上食べる)

サラダ油、無塩バター10グラム程、カエンペッパー適量、レモン汁(レモン半分量)

塩、こしょう。(適量)

鶏もも肉に塩・こしょうをふりかけて、フライパンで両面に焦げ目がつく程度ソテーする。

肉に火が通るようにフライパンに蓋をしてジックリと焼いてください。

充分に肉に火が通ったら、レモン汁とバターを入れて、カエンペッパーを振り入れ

全体のソースが赤く色づいたら塩コショウで味を調えてお皿に盛りつける。

残ったソースを肉の上にかけて召し上がれ!

これは、鶏肉のうま味もともかく、残ったソースにご飯を絡めて食べると

強烈に美味い!

でも、これ、体に脂肪をいっぱい取り込んでいるのと同じで

結構ヤバイ献立のように思う。

美味いから、一度作って召し上がってみてください。

次の日に採血の検査がある場合は、食べるのは控えた方がよいでしょう・・・

2019/2/27
僕は、夏は嫌い!でも、寒いのも辛い!

僕は、最近とみに夏が苦手になってきた。

なぜ?と言えば、汗臭くなること!

自分自身から加齢臭が漂うことが嫌。

夏になると、スタッフの皆に「俺、臭くない?」と

癖のように聞く。

聞かれる方もたまった物じゃないよね。

上司に向かって「むちゃ臭いです!」って言えないものね!

そこまで分かっていれば聞くなよ!って言われるかもしれないけど

やっぱり聞いてしまう。

もうこりゃパワーハラスメントの一種だよね。

そして、加齢臭はスメルハラスメント。

夏の僕はハラスメントのオンパレードだ!!

そんな訳で、僕は夏が苦手。

しかし、最近は冬も苦手になってきた。

その理由が、着ぶくれによる身のこなしが困難になってきたからだ。

車の乗り降りの時、体が重い。

車を運転中に後方確認するために後ろを振り返りにくい。

首が回らないからだ!

狭い通路を歩くときに服が引っかかりやすく

トイレに行って用を足すとき、ズボンの上げ下げに苦労する。

僕はズボン下は真冬でもはかないけど、それでも

上着は何枚も重ね着する。

ズボンの中にシャツや下着にセーターって入ってくれない。

腰回りが窮屈だからだ!

今年はエルニーニョ現象が起こりそうだって。

つまりは、昨年以上に暑い夏が来る!

ようやく着ぶくれの冬を終えるのに

又すぐに糞暑い夏がやってくる!

2019/2/27
戦争を知らない子供たち

これは、僕たちの世代を歌ったフォークソングなんだ。

戦後に生まれた子供たちが、60年、70年安保闘争という

学生運動を盛んに行っていた時代。

そんな世代が今、高齢者となり始めている。

第一号保険者となり、この中でも戦後すぐに生まれた人たちが

団塊の世代と呼ばれ、2025年問題と称し

一気に要介護高齢者が増加する危惧を抱えているとしている。

こんな世代も、数十年前には、訳も分からずに流行の一つとして

平和を題材にディベートを繰り返していた。

角材とヘルメットにタオルがユニフォームの学生運動家は

どんな田舎にもいた。

皆が若かった。膝も痛くない、髪の毛もフサフサ!

肌も艶々して、かいた汗が玉のように滴るほど張もあった。

ところが、この歳になると、階段上るのもひざの痛みをこらえながら

夏の暑い日にかく汗は、じっとりと肌を湿らせるだけ。

髪の毛はヒヨコの産毛のように、頭皮が透けて見えるごとく

腰に巻いたベルトは、胴回りを二周できる程細かったのに

今では、ベルトに余りが残らないほど成長し、

おまけに腹がベルトの上にのってしまう。

あの頃の若者は、一体全体何処へ行ったのか??

戦争を知らない若者が、今では節操を知らない初老に成り下がりつつある。

2019/2/26
γーGTP

血液検査をして肝機能を調べてもらうと、γーGTPの数値で判明する。

肝臓がフォアグラとなりつつあるのか、健康な肝臓をしてるのか?

僕の場合は、安全にフォアグラを通り越して

超肥大化した肝臓となっているらしい・・・

酒も飲まないのに・・・と言うと、先生は「食べ過ぎ!」と一言。

肝機能障害は、大量の酒でも値悪く現われるが

食べ過ぎによっても肝臓は肥大化する。

結果、どうなるか?? 決して良いわけではない。

笑って済ませるわけにはいかないけど、

食べることを少し節制して、運動量を増やしていけば健康な肝臓に戻すことができる。

酒を呑む者には、休肝日を設けるのと、酒の量を減らすことで

数か月で健康な肝臓に戻すことができる。

しかし、これも年齢を重ねるにつれ戻りにくい。

40歳代なら、今のうちに改善していけば、それほど怖がる結果ではない。

この僕の年齢となると、そうやすやすと許してもらえない年齢で

本気でダイエットしていかないと、そのうちに肝臓だけでなく

他の機能もパンクしてしまう。

少しは食べるモノに注意しなきゃ!!

でも、今日、ネットでイタリアとフランスのチーズを注文した。

来週初めには、手元に届くはず。

ダイエットは、これから届くチーズとサラミを食べてからにしよう・・・
hi-syokuzaishitsu_cut-kg-05-2018.jpghi-syokuzaishitsu_zik-gch-gor.jpghi-syokuzaishitsu_french-raclette-half_1.jpg

このつぶやきを、太陽の家のグループホーム職員の一人に贈ります!

2019/2/26
今日のつぶやき。

今日からタイトルを変えよう・・・・『つぶやき』どうだ~っ!!

さて、さて、今日は久しぶりにBSで「ふれあい街歩き」を観たよ。

今回の旅はアメリカ、西海岸のサンフランシスコのダウンタウンだった。

この番組は、8年前に大病を患って入院してた頃

入院前に、この番組のDVDを多量に持ち込み

病室に持ち込んだパソコンで再生して所在なさを紛らわせていた番組なんだ。

8年以上の長きにわたり続いている番組って

結構、沢山の人がフォローしているんだね。

サンフランシスコは、僕が青春時代を過ごした街 。

夜も昼も関係なく、ダウンタウンの街で徘徊していた。

番組でカメラが歩く通りの全てが懐かしかった。

アングルの片隅に映るコイットタワーやベイブリッジが

特にサンフランシスコへの郷愁をさそったね。

通りは昔のままだけど、そこに居る人々は

あの当時とはずいぶんと違って見えた。

その理由に当時のファッションと、車の形やデザインが違う。

1970年代のサンフランシスコの街並みはそのままに

人々の出で立ちが変わり、それだけで随分と雰囲気が変化してしまう。

バック トゥ ザ フューチャーの映画のワンシーンのように

タイムスリップしたような気分だった。

トニーベネットと言う歌手が「思いでのサンフランシスコ」を歌い

僕も自分の心をサンフランシスコに残してきた。

いつか帰ってくるまで・・・と願いながらも

最後に訪れてから20年以上も過ぎてしまった。
1897001_297031963754829_240686278_n.jpg

第二の故郷、サンフランシスコ。

国際路線でサンフランシスコ空港に近くなると

俄然、飛行機は高度を下げて海沿いの街や道路を走る車まで

識別できる低さまで降下して飛行する。

この頃になると、飛行機の窓に顔を押し当て

眼下に広がるベイエリアに、興奮はピークに達する。

胸がドキドキして、心が逸る。

皆、それぞれに20代の頃の思い出に胸焦がすこともあろうかと思う。

あれから40数年がたっていても

今でもハッキリと、サンフランシスコの街を覚えている。

第一号保険者となっても、認知症となっても

おそらく、僕の中では、あの頃の自分を心の中で蘇らせて

いつまでも歳をとらない自分でいるでのはないだろうか・・・
81306024014920.jpgturnul-coit-locul-care-ofera-o-panorama-superba-a-orasului-san-francisco.jpglomberd5.jpg


2020年 7月
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031    
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する