太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2020/4/3
マスク2枚・・・

新型コロナウイルスに拡大による施策として

先日、厚生労働省から布マスク5枚が送られてきたと報告したが、

今度は羽家庭にマスク2枚を配布するニュースで盛り上がっている。

全世帯に2枚ずつ、200億円の出費だそうで

この件に関して、他に優先すべき課題を言う人も多い。

実際、二人家族にしても、たった2枚の布製マスク、

洗えるから再利用ができるとは言うものの

夫婦二人が1枚づつ使用し、替えのマスクがない。

結果、旦那は妻をかばい、自分の分を妻に回し

自分は、健康体だからマスクなしでも罹患しない!と・・・

しかし、旦那が万が一にでも罹患すれば、濃厚接触者の家族に感染を広げる。

 家族内で貴重なマスクは、相手を想うばかりに譲り合いとなり

結局使われることなく、今の机の引き出しに眠ることとなる。

少ない資源を国民全体で分けようとすると、結果的に半数の善意も

お蔵入りで終わってしまいそうである。

有効に税金を使う気があるなら、これだけの予算を新薬開発に使うなりの

英断を政府には期待したい。 

2020/4/2
認知症の父がとうとう逝った。

今朝方、認知症の父が、とうとう逝ってしまった。

93歳にあと一か月ってところで逝った。

また、明日は母の誕生日にあたる日。その前日に逝った。

認知症で意味不明のことを呟いていた父だったが、

そんな父でも、僕は生きていてくれるだけで良かった。

何も相談もできないし、相談してもまともな返事すら帰ってこない。

でも、父親としていてくれているだけで、僕自身、大きなブロック塀のような

守られているような気がしていた。

僕自身も高齢者の分類に入る年齢となっても、それでも父の存在に守られている。

そんな気持ちがあった。

世の中、社会というものは、とても厳しい風が吹いている。

僕にだって、いろいろな難しい難題や刃が降りかかっている。

それらの苦渋は自分で解決して立ち向かっているにも拘らず

どこかで僕の折れそうな気持を支えて応援してくれているような気がしていた。

93歳、祖父よりも長生きした。大往生であり、眠るように息を引き取った父の死。

亡くなって、葬儀屋に持ち込む父の写真を朝から探している時に

涙が出た。まだ、誰も出勤していない事務所のデスクで

パソコンを開いて、写真データをひっくり返していた。

元気だったころの父や、母と一緒に写った父の写真を見つめながら

涙がこぼれ、それ以上続けて写真を探すことが出来なくなった。

鬼の目にも涙だね・・・・笑える。 

2020/4/1
厚生労働省から届いた布マスク

img_1130-002.jpg

今日、郵便で写真の布マスクが厚生労働省から届いた。

限りある資源を送って頂いたことに感謝!

決して十分な量のマスクではないが、それでも有難い。

充分に検討し、適切な使用に結び付けたいと考えている。

しかし、これ程、市場からマスクが消えてしまって

尚且つ、一部の者が高額で転売している、この社会。

そんな悪徳な商売をやっている輩は、新型コロナに罹患することもないのだろ・・・

マスクを買おうにも買えない弱者が、新型コロナによる肺炎で亡くなるのは腑に落ちない!!

2020/3/31
眠れない夜

たまに眠れない夜がある。

頭の中でモヤモヤと、何かが動き続けている。

何とも意味不明なものが、形となってこない。

モヤモヤしている状態と言うか、浮遊している。

悩むものがハッキリと表れてくれれば、解決の仕様もあるが

この状態では、割り切ることも、改善策も考えられない。

大府の研修の時に、ふらっと入った居酒屋で

適当にボラレタ時のように

どうも腑に落ちない・・・モヤモヤした嫌な気分。

実は昨日の夜も夜中に目が覚めた。

深夜の3時に汗かいて、その汗で目が覚めた。

首筋にべっとり汗が巻いており、そのうっとうしさに

枕もとの時計を見て、そこから5時まで眠れない。

真鈴川先生のように、モーニングランでも始めようか?!

でも、あいにくの雨模様。

ランニングを諦め、 早々と歯磨きして朝食を。

恒例となると、睡眠時間が極端に減少し始める。

あまり寝なくても生きていける。

なかなか、歳を重ねると便利な体になるものだ・・・

同じようにあまり食べなくても、しっかりと栄養が体の周りついてくれる。

寝る必要もないし、食べれば食べるほど、脂肪をためることが出来る。

なんとうまくできているのだ…と感動してしまうが

いかんせん、この状態で定期検診を受けると

先生から、思いっきり叱られる!

本気で痩せなさい!と注意され、自然の流れに逆らうように求められる。

人生、本当にうまくいかないものである。 

2020/3/30
サンタナ、久しぶりに聞くBLACK MAGIC WOMAN 最高!!

久しぶりにサンタナを聴いた。

ロックミュージックの中でも懐メロに相当する古い曲である。

70年代半ばに、この曲に合わせて踊っていた自分を思い出した。

コロナウイルスの恐怖に停滞する世界全体の世相に

サンタナのギター、特に「鳴き」が素晴らしい。

中米、チカノ(Chicano)のリズムが、鬱蒼とした雰囲気を吹き飛ばしてくれる。

img_1129-002.jpg

https://youtu.be/axbtig7w7a8

このUチューブも聞きごたえある。オバマ元アメリカ大統領もノリノリの画像。

https://youtu.be/Wqhkm0RThm8


2020年 4月
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930      
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する