太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2020/6/12
新型コロナウイルス感染症にかかる通所サービス事業所の人員基準などの臨時的な取扱いについて

こんな長い表題の通知文が厚生労働省から、随時発信されるのですが

今回の件は、通所介護費の請求単位を2区分上の報酬区分で算定できる制度の案内。

つまり、コロナ対策で費用が掛かっている通所介護、通所リハ、ショートステイの事業所は

通常の提供時間の2区分上の請求ができるよ!と言った制度のことであり

言ってみれば、通常のサービス提供を水増し請求できる。

これについては、単なる水増しできるには、それなりの条件が満たされなければならないのだが

僕は、この制度は、事業者にとっては嬉しいが、実際に悪い頭をフル回転させて考えてみると

どうも割に合わない制度のような気がしてならない。

事業者は2区分上げて請求できるということは、一回の利用に対し200~300点増額できる。

一日30名の利用者に対して考えれば、60,000円~90,000円(単純な計算式で正確な数値ではない)

事業収益が上がる。付きに4回だけ活用できるという条件から、ざっと見積も手も20~30万円のうわのせとなる。

しかし、この制度を活用するということは、今現在、重度の要介護状態の利用者が介護保険の限度枠いっぱいの

サービスを利用している場合、自費負担が生じてくる。または、今までの通所介護利用時よりも高額な負担を強いられる。

介護報酬の単価自体も以前に比べると、かなり減額されてお値打ちになってきているから

この上昇分は当然と言えば、当然と解釈できるかもしれない。

しかし、この制度を活用するためには、担当する居宅のケアマネジャーを含め

ご家族の同意と事前の説明が必要となる。

ただでさえ煩雑すぎる制度活用が、更に煩雑となる。

家族自身も費用負担が増える。

何とも言い難い、悪しき制度のような気がして仕方がない。

僕自身に欲がないわけではないが、この目先の利益を求めるより

もっとやるべき事はあるような・・・

どうもスッキリとしない制度である。

ちなみに太陽の家では、この加算設定は取り入れない!今までのままでいきます!!

 

2020/6/9
身体障碍者の外出に対して

今日、地域包括支援センターに出かけた帰り道、

幹線道路の交差点を伝送車いすに乗った障碍者に会った。

片側二車線の鈴鹿の中ではメインに相当する大きな通りを横切ろうとしていた。

電動車いすは、あまり一般の人にはなじみ無いと思うが

要するに車いすが、搭載した大型バッテリーを使ってモーター駆動するもので

四肢麻痺の障害を持つ人には、とても便利な移動ツールである。

ただ、電動車いすの弱点として、前輪の径が小さいことである。

以前から僕は、鈴鹿市だけでなく、日本の道路整備の不備を感じている一人であり

歩道と車道のつなぎ目が粗すぎると思うのである。

一般的に歩道は、車道より10㎝~15㎝ほど盛り上がっている。

尚のこと、つなぎ目にはコンクリートブロックの塊が埋め込まれている。

歩道事態も平たんではなく、水はけをもくろんだ傾斜が車道方向についている。

極端に古い施工の道路では、歩道上に歩道橋の階段が設置され、歩道の3/4を占有しているところもある。

歩道を歩く人すべてが健常者だけを想定しているとしか思えない。

そんな道路整備の現状が日本の交通インフラの改善すべき点であると思うほどである。

障害があろうが無かろうが、屋外を自由に自分の思うまま

外出できることは、その人の日々の生活の質に大きく影響する。

自由に安全に外を移動することが出来る地域。

鈴鹿市もそのような自由な街になるといいと思った。

 

2020/6/9
デイサービス利用時の携帯電話の持ち込みについて

昨日より、太陽の家デイサービスセンターでは、利用者の携帯電話の携帯を許可することとした。

そもそも、携帯電話を持って来れない理由は、

設立当初の時代には、携帯 電話の発する電波が心臓のペースメーカーに影響を与えると

言われていたことに起因している。

その当時から年月の経過とともに携帯電話の電波の悪影響はないと言われるようになり

今となっては、高齢者でも携帯電話で社会とのつながりを持てる時代となった。

言ってみれば、携帯電話の持ち込みをに反対する理由が見当たらなくなったわけで

先日も、利用者の方と携帯電話をめぐる処遇問題にもなったことから

今回のルール改定に結び付いた。

ただ、残念ながら、デイ利用中の携帯電話での通話、写真撮影などについては

ある一線で線引きをさせてもらった。

つまり、利用中の共有エリアにて通話は断り すること。

②お互いに電話番号を含む、携帯電話のデータの交換をお断りすること。

③利用中の写真撮影のお断り。

④すべてにおいて、自己責任で携帯すること。等の条件が伴うこととなった。

私としては、デイサービスを利用される方々に公平で公正なサービスの提供を約束したい。

このサービスを利用する上において、人間関係の崩壊や個人情報の漏洩などに

悩まされて、サービス利用を苦にされることの無いようにしたい。

そのためのルールを設けました。

携帯電話一つ持ち込むにも、いろいろと細かな制約で縛られると思われるかもしれないが

高齢者にとって、過ごしやすい環境と便利な環境を求める上において

ある程度のルールは必要かと考えております。

2020/6/5
ホスピタリティについて

デイサービスを運営している中で、いつも考えさせられる点にホスピタリティがある。

ホスピタリティとは、サービスを超えた思いやりとか、親切な援助などを言う。

元リッツカールトン ホテルの日本支社長であった高野登氏が、このホスピタリティをテーマに

いろいろな所で講演を行ってみえる。僕も、所属する協議会を通じて公演を企画したこともあって

二回ほど、ご本人とお話させていただいたことがある。

高野氏は、ホスピタリティ とは、相手を想う気持ちに、そっと自分の心を添えることと言われている。

リッツカールトンにおいては、顧客の要望に絶対にNO!と言わないサービスを心掛けてみえたそうだ。

さて、高齢者通所介護事業所において「NO!」と言わない支援についてはどうだろう・・・?

今日、この点について問題が生じた。

一人の利用者の方が、当通所介護事業所では禁止(これが問題で)されている携帯電話を持ち込んだ。

職員の朝礼の時に、この件が報告された。

私を含めて多くの職員が、耳をそばだてたのも当然で

携帯電話を持ち込み、自分の席に置かれたと聞けば、職員としては疑問に思うはずである。

禁止は禁止として、利用者の方々には最低限お守りいただきたい事項である。

一人の職員が朝礼後に即動いた。ご本人に注意するためにだろう・・・

僕が気づいた時には、すでにご本人の顔色が変わっていた。

明らかに職員の言葉に憤りを感じたのだろう。

途中から会話に割って入ろうか、迷ったものの、今の時点で割って入ることの逆効果を恐れ

様子を見守ることとしたが、結果的に、職員からは利用者を怒らせました。と報告を受けることとなった。

ルールはルールとして、この太陽の家を利用される方々にはお守りいただきたい。

が、しかしである。私たちは利用者の方々に我々の作ったルールに絶対服従を強要するものではない。

ルールが存在する理由は、利用される皆さんが公平に、正当に支援されるためであり

事業所独自の枠の中に(つまり事業所の都合の枠と言えるかもしれない)無理やり押し込んで

業務を簡素化しようとするためではない。

ホスピタリティとして考えてみれば、この通所介護を利用される方々は

言ってみれば自分から好んでこの事業所を選んだわけでなく 

内科氏らの生活上の不都合を感じ、その不都合を改善するため に、

この事業所にて支援されたり、訓練を受けたりしている。

わざわざ金を払って、他人に指示される窮屈な時間を好んで通う人はいない。

今回の問題は、私自身にこの通所介護におけるルールの再検討を促すきっかけとなったことは事実である。

同時に、職員の話しかけ方、接し方等についても一考を要すると感じた。

 

2020/6/4
人材派遣業者の怪

このところ、求人広告を掲載した関係で

人材派遣業者からの電話が多くて困っている。

世間には、本当に沢山の人材派遣業者が存在するらしく

一日に何本も別の業者から電話が入る。

その都度、仕事の手を停めて応答しなければならず

何とも言えない腹立たしさがある。

丁寧に応答するだけの時間ももったいない内容の電話で

口調こそ柔らかでバカ 丁寧だけど

実態も分からない業者とゆっくりと話する気にはなれない。

元々、この連中の中には、すでにうちの事業所で働いている介護職員に対し

ヘッドハンティングばりの誘いの電話も多く

良い印象は持っていない。

悪質な事業所と言えるところは、番号非通知で就業時間中に電話してきて

特定の個人の名前をつげて、繋ぐように要望してくる輩もいる。

要件や事業所名を聞くと、一方的に電話を切っていく。

職員がヘッドハンティングされ、もっと雇用条件の良いところに移るなら

それはそれで無理矢理に止めはしない。

しかし、このような無礼で良心の欠片もない事業所におだてられ

職場を代わる職員には、くれぐれも後悔の無いように、良く相手を調べて委託するようにしてもらいたい。


2020年 7月
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031    
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する