太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2019/6/4
新じゃがのオーブン焼き・ローズマリー風味

c007cf018f29fdb25924ba23a9f9be2752a4efd7_66_2_3_2.jpg

僕の好きなおつまみ。

写真のポテトがお気に入り。

F-1チームのイタリア人友人とイタリア料理を食べに行った時に

かれが特注で調理をリクエストした料理で

これを食べるとイタリアのマンマの味!って喜んでいたことを思い出した。

非常に簡単で、小粒のジャガイモを皮付きのまま綺麗に洗って

大きさを揃えて一口サイズに切っておく。

フライパンにオリーブオイルを大匙一杯伸ばして、切ったジャガイモを入れて軽くソテーする。

全体的に色がついてくる程度火が通れば、陽を止めて枝を取り除いたローズマリーを全体的にかけ

今度はオリーブオイルをポテト全体に多いめにまぶし

そのまま180度に熱したオーブンに入れる。

時々、焦げないようにジャガイモをかき混ぜながら

全体がきつね色となるまで繰り返す。

フォークがすーっと通れば出来上がり。

僕は、ここでバターを全体にからめながら塩コショウをしておく。

ローズマリーの香りが食欲をそそります。

お酒のつまみにするなら、この一品に、生ハムのスライスや、チーズを添えて

食べてみてください。ポテトフライとは少し違った感触で

甘みも感じることもできます。

もうすぐ、新じゃがを収穫する時期

ぜひ、一度、トライしてください。

2019/6/4
また、テレビ番組の話・・・

また、テレビ番組の話かよ・・・と言わないで。

それもBS NHKの番組。

少し以前に「駅ピアノ」っての番組が好きだって書いたよね。

今回は「地球タクシー」って番組も好き。

地球タクシーは、世界各地のタクシーに乗って、運転手さんの話を取材する番組で

どちらかと言うと、ドキュメント72時間によく似ている発想が根幹にあるのかな?

僕が、これらの一般的な、暗ーい番組を好む理由に

自分の一般的な、特に輝かしい毎日でもない普通の生活、

そんな生活が僕だけでなく、世界中の一般的な人の生活となんら変わらない

大勢の同じ境遇で生活している人を確認して、

自分が安心するのではないかと考えた。

つまり、人は孤独な中、内に籠ってばかりいると

自分自身が結構つまらない、何の価値もない人間に思えてくる。

でも、これらの番組をみて、そこに登場する一般人を見ていると

演出も何もない、素の人間像がみえる。

「素の状態」をみて、僕は、こんな自分でもいいのだ!と自信を持てるようになる。

これらの番組が受けるのは、人の心の根底には、全ての人が抱える孤独感を

共有できるからではないのかな??

駅ピアノも空港ピアノも、テーマは誰でもひけるピアノの音色なんだろうけど

演奏を終えてからのインタビューで、簡単な自己紹介がある。

その自己紹介を聞いていると、みんなそれぞれ重荷を背負っていきえいるのが

ひしひしと伝わってくる。ここが、僕が好んで観る理由だと思うのです。

一度、BS NHKの番組「駅ピアノ」を検索してみてください。

おそらく皆さん同じような気持ちとなるはず!

2019/6/3
この冬に植えたフルーツの苗木が結実しました。

img_0293.jpgimg_0294.jpgimg_0295.jpgimg_0296.jpgimg_0296.jpgimg_0297.jpg

あの荒れ果てた石ばかりの畑に実がなりました!!

上からブラックベリー、ブルーベリーとレモン。それぞれの木が実をつけました。

レモンは、まだまだ小さなものですが、花を咲かせたあと花弁の付け根が膨らみ始めました。

無農薬で育てているので、レモンの葉は大半を食べられてしまい

非常にみすぼらしい枝ぶりですが、それでも結実しています。

育てる者の思いとしては、これだけでとても幸せな気分です。

ブラックベリーは砂糖を入れてジャムに、

ブルーベリーはパイを焼くときに使うつもりです。

もちろん、レモンが大きくなったらレモネードを作って暑い夏に飲んでみたい。

そんな夢を膨らませながら、畑仕事に励んでいます。

2019/6/3
これは僕の自惚れでもないことを先に断わっておく。

僕の自惚れ話を書くつもりはない。ぼくは認知症の高齢者が

昔をどのように思い出しているのか・・・

そんな認知症の人の思いについて書いてみたい。

今日、相変わらず朝から畑仕事に出かけた。

機能できなかった野菜とフルーツの木の消毒をしたかった。

そして、のんびりと草取りをしたかった。

畑の土に腰を下ろしながら、音楽を聴きながら・・・

音楽はジェット・ストリームをCDプレーヤーをイヤホンで聞きながら、

40年前、会社員として働いていた20代の頃、会社の子会社であるアメリカの工場に

一年間の出張に行っていた。まだ、僕は独身で、仕事が一番楽しい時期だった。

この帰りの飛行機のフライトアテンダントから、電話番号をもらったことがある。

会社の出張はあの当時、JALのビジネスクラスを使っていた。

そして、その便は、空席の目立つフライトで、

おなじビジネスクラスの乗客は、僕とこ高齢の女性が一人。

ロスから羽田までの10時間のフライト。

高齢のおばあさんにケアが必要で、JALの制服を着たFAも

何度もおばあさんのお世話に 忙しそうだった。

それで、僕はFAにトランプをもらって、その婆さんと「婆ぬき」を

やり始めた。そんな、僕のホスピタリティを、FAの彼女は

「優しさ」と感じたのでしょうね。僕とも色々とお話をしました。

僕もFAの彼女の明るさや、優しさを感じ

妙に意気統合しました。

無事に飛行機は、定刻に羽田に到着。

手荷物をストレージから取り出して、出口に向かっている時

そのFAの彼女が、電話番号を書いた紙を渡してくれました。

よろしければ、一度お電話ください!と言われ・・・

僕は、ありがとうとお礼を言って飛行機を降り、イミグレーションを通り

飛行場を後にしました。

僕は独身ですし、その当時、付き合っている彼女も居なく

日本航空の国際線のFAの彼女に電話して

お付き合いすることも可能でした。

でも、僕は電話をしなかった。

なぜ、電話しなかったのだろう?と思い返しても思い出せない。

きっと、その当時は、僕は仕事の鬼だったので、女の子と遊ぶって

そんな気持ちが無かったのかもしれない。

人間の一生って、本当に微妙なところで変化していく。

僕が、この彼女とお付き合いして、結婚までしていたら

僕の人生はまた変わったものになっていただろう。

今のこの福祉の仕事にはめぐり合っていない。

今の僕の周りいある人間関係は、全てないかもしれない。

ケアマネが要介護者のアセスメントする時

このような細かな生活櫪を拾い出して

僕のアセスメントに生かしてくれるのだろうか。。。

そんなことを音楽を聴きながら

畑の草を引っこ抜いていた!

2019/6/3
アセスメントのむつかしさ

先々週からケアマネジャーの更新研修を受けている。

ナンチャッテ・ケアマネだから、何もわかっちゃいない!

ケアマネ更新研修の初日3日間は、200人くらいの受講生全員が

集合研修として同時に行う。

200名もケアマネがいると、中には僕も知っている人が多くいる。

今回、以前、太陽の家で一緒に仕事をしたナベちゃんやイケちゃんと再会した。

二人とも、 昔と一寸も変わっていない。

色々な事が思い出されるし、こんな僕でも知らない人ばかりより

知っている人が会場内にいてもらう方が心強い。

同じグループではないが、それでも、休憩時間に少しだけでも会話できる。

太陽の家の卒業生たち。

それぞれ、立派に介護の仕事を頑張っているようで

彼女たちの巣歯形を見ていると、僕も嬉しく感じる。


2019年 6月
         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する