太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2021/1/29
智に働けば・・・・

智に働けば角が立つ

情に棹させば流される

意地を通せば窮屈だ。

とかくに人の世は住みにくい。

人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。

やはり向こう三軒両隣りにちらちらするただの人である。

ただの人が作った世が住みにくいからとて、超す国はあるまい。

あれば人でなしの国へ行くばかりだ。

人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

夏目漱石 「草枕」より抜粋

2021/1/12
忍び寄る新型コロナの脅威

昨年末から、急激な感染拡大が続いている新型コロナ感染症。

最近では変異種のニュースまで流れ、いよいよ市中、どこにいても感染してしまいそうな勢い。

一部の値域では緊急事態宣言が発出され、それでも人の出は以前程減少したとはいいにくい現状

三重県においても、今までにない数の新規感染者が報道され

今、自分が感染していないことの方が不自然と思ってしまう状況である。

先般、鈴鹿の総合病院を受診した折に、主治医の先生にコロナの恐怖を語ったところ

そう易々と感染はしない!と一喝されたものの、今の状況を考えると、それほど悠長な事も言っていられないのかもしれない。

仕事で、プライベートで、確実に自分をロックダウンすることは難しい。

どうしても外出してしまう。県外の遊興施設に行くことはないが

市内のスーパーで買い物に行くことはあり得る。

また、近所のコンビニで肉まんを買って、そのまま手で触らないように注意しながら頬張ることはある。

この手を洗わないまま買い食いする行為が危険極まりないのではないか・・・

タバコ吸うにも、汚れた手でボックスから口に振れるフィルター部分に触れながら一本の煙草を取り出す。

その手の触れたフィルターを加えて火をつけるわけだから、此れもまた危険極まりない。

もっとも、新型コロナは呼吸器系の疾患だから、喫煙習慣自体が危険極まりない。

何から何まで、この地球上で生きていく上において、私たちの身は危険なウイルスに曝され

いつ何時、ウイルスに感染するやもしれない状況にいる。

油断は大敵、神経質になりがちだが、自分の身を守ることは、この施設を利用する

高齢者を守ることとなる。精出して神経質になろうではないか・・・! 


2021年 4月
     1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930    
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する