太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2020/5/8
新型コロナ過の影響で、車が恐ろしい・・・

コロナ感染症による自粛ムード(半分強制だけど・・・)で

道路上の車の量が減った。つまり交通量が減った。

夜なんか、早くから走り回っている車もなく

結構町中が早くの時間帯から静かになった。

しかし、交通量が減った分、走っている車のスピードが半端でない。

結構走り屋と言われる馬鹿者の運転する車が多い。

 荒っぽい運転するし、スピードも速い。

こんな連中との事故に巻き沿いには含まれたくない。

恐ろしい馬鹿者には付き合わないこと!

阿呆は放っておくにこしたことはない。

ウイルスだけでなく、いろいろなモノに用心しなければいけない今なんでしょう。

2020/5/8
高齢者施設で感染拡大のニュースをみて

非常に残念なニュースが何度も報道されている。

高齢者施設で新型コロナウイルス感染拡大、60名の死者、

老健施設や特養に交じって、認知症グループホームでの感染も取り上げられていた。

同じ高齢者施設の立場として

これらのニュース映像は、全国の認知症の人を抱える家族には

非常に大きな恐怖感を与えそうで困ってしまう。

この新型コロナウイルスに、要介護者や基礎疾患のある方々が罹患すれば

重症化しやすいという報道も、恐怖心に拍車をかける。

高齢者特に入所施設に暮らす方々が感染するルートは

高齢者自らがウイルスを拾ってくるはずがない以上、職員の持ち込みが一番大きなん要因だろう。

ある施設では、施設の入り口で、吐いている靴底を消毒液に浸すことを求めるところも出始めた。

でも、靴底にウイルスがついてきて、感染を拡大することはない。

このことに関しては、感染症の専門医が説明しているので、まず間違いないだろう。

其れよりも、手洗い、共有部分の消毒が徹底されていないことが一番の原因と考えられる。

正しく恐れて、正しく予防する。

ぼくは、太陽の家で実践している予防が一番適切な予防策であると思っている。

職員が媒体とならないように、少し申し訳ないが、職員のプライバシーの行動にまで

口やかましくお願いし、職員の生活をアイソレートする。

何度も、何度も、手洗いを遂行する 、

そして、体調の変化を見逃さない。

少しでも熱があれば、少しでも息苦しさがあれば熱を測り、けっつう酸素濃度を調べる。

疑わしい場合は、即医療と連携させる。

そして、何より、家族さんとの意見交換をしっかりと行うことが重要です。

今の状況の連絡、方針、緊急時の対応やり患した場合の対策を理解してもらう。

僕は、太陽の家では、これらの情報を適時、家族さんに連絡しようと心がけている。

前の見えない不安感は、必要以上にコロナを恐れる。

家族さんが納得できる対策が共有できれば

その分だけ家族さんも安心できる。

そして、職員も必要以上に恐れ過ぎず、心に余裕が持てる。

今こそ、負の連鎖では無く,正の連鎖に結び付けたい。

僕は、絶対に、うちの太陽の家を利用してくれている爺さん、婆さんをコロナの犠牲者にはしない!!


2020年 6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930          
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する