太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2020/8/10
終戦から七五年・・・

太平洋戦争を僕は知らない世代である。

終戦から八年後に生まれているからだが

それでも、今のように贅沢な時代ではなかった。

戦後の復興最中であり、まだまだ日本国民は裕福な生活とは言えない時代でもあった。

繁華街では白装束で軍帽をかぶり、松葉杖で支えた身体で募金を募る人もいた。

母が、そんな人たちを『傷痍軍人』と呼び、戦争で怪我をして生活苦のために

街頭で 金銭の施しを求めていた。

戦時中ほどではなかったものの、田舎の百姓の子供のおやつといえば

サツマイモや米菓子やトウモロコシ等の畑でとれるものだけ。

生クリームたっぷりのクリームパフなんて食べたことはなかった。

チョコレートだって、上等な砂糖菓子なんて口には入らなかった。

子供たちは、多かれ少なかれ皆、継ぎはぎのあたった服を着ていた。

毎日、同じ服を着て、袖のところで鼻をぬぐうから、袖口が光っていた。

ゲーム機もないから、遊び道具は自分たち手作り。

木を削ってピストルに似たおもちゃを作り、戦争ごっこをやった。

そのころ流行っていた漫画の主人公の絵が入ったメンコは

田舎では高級な遊び道具で、僕たちは牛乳の厚紙の蓋をつかって

メンコ遊びをしていた。

戦後八年も、まだまだ日本の社会は発展途上国の様相であり

急激に社会が発展し始めるには、終戦から二〇年の年月がかかった。

本当に貧乏で、何もない不便な時代だったが

それでも、子供時代は楽しかった。

皆が共に貧乏だから、貧乏でも何もなくても恥ずかしくなかった。

テレビも、冷蔵庫も、車なんてめっそうもない。

そんな時代を過ごして、六〇数年がたって

自分の生活も随分と近代的になり、裕福になった。

でも、まだ何かを今でも求め、探して生きている。

人間てのは、どこまで行っても欲深いものだ。

この欲深さと併せて、生きることへの執着も果てしなく続く。

 


2020年 9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930        
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する