太陽の家

  • ホーム
  • 太陽の家とは
  • 施設のご案内
  • サービスのご案内
  • ブログ-施設長の部屋

ブログ-施設長の部屋

2019/6/21
脳梗塞の恐怖から

 ここ数日、撲の右側口角から頬にかけて、麻酔薬を駐車した時の様なしびれがある。

一昨日は、特にしびれが強く、一日中不快な感覚に襲われていた。

流石に今朝は、自分でも不安な気持ちとなり、太陽の家の看護師にも相談したくらいである。

看護師は、不安解消のためにも一度、専門医を受診すべきと言うアドバイスをくれた。

僕は8年前に市内の総合病院の医師から、10年以内に脳梗塞の危険性を指摘されており

そんなこともあって、結構不安な気持ちとなっていたのは事実である。

さっそく、朝から仲良くしていもらっている神経内科に電話して

受診をお願いした。

クリニックからは、直ぐに受診するように言われ、保険証、お薬手帳を携え

車を走らせた。脳梗塞かもしれないのに運転しても大丈夫?と懸念しながらも

他に手段無く、自分の車に乗ってクリニックに行った。

相変わらず、大勢の高齢者(僕も高齢者だけど・・・笑)が待合室に。

結構待たないと診てもらえないな・・・と覚悟しつつも

携帯のゲームをやりながら時間を潰した。

先生の配慮か、簡素資産の配慮か、それ程の時間を待たずに先生の前に・・・

てっきりCTか、採血して検査から始まるのか?と思っていたが

先生はしびれの場所とその症状を詳しく聞き

眼を閉じたり、芽の動きを見たりしただけで

一言。「脳梗塞の可能性はないな!」と言われた。

脳の機能を元気にするためにビタミンB12でも処方しておくから!と

それで、全ての診察が終わった。

会う離身ホッと安堵もあったが、拍子抜けした感覚もあって

何だかそれまで心配していた自分がバカみたいに思えてきた。

診察室を出て、処方箋をもらい、薬屋さんから処方薬を受け取り

仕事場に帰って来た。

昼食を不通通りに食べて、薬を飲んで、仕事して、また夕食もしっかりと食べ薬飲んで

そして、このブログを書いている。

僕みたいな、高齢者でありながらも悪がきのようなオッサンのことを「老害」と言うそうだ。

そんな老害も、脳梗塞は恐ろしい。体が言うことをきかない状態に

まだまだやり残したことを感じて、あたふたしてしまう。

もう十分に自分の人生を楽しんだ 者でも、生に執着するものなんだな・・・


2019年 7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031        
月別表示
最近の記事

  • 太陽の家 お気軽にお問い合わせください
    〒513-0808 三重県鈴鹿市西條町495-1
    TEL:059-383-8383 FAX:059-383-7938
  • インターネットからお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
059-383-8383
受付時間/9:00~18:00
閉じる  印刷する